読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリのちモスクワ

パリで出逢ったロシア人と10年後にモスクワで結婚。超ロジカルな夫と超うっかりな私の生活、ロシアの魅力。

モスクワの薬局事情

 

しばらく風邪でダウンしておりました。

生まれて初めて39度の熱が出て、あまりの辛さに心身ともにやられてしまいました。

そして最近やっと復活しました!

 

日本では、風邪をひいたら他の人に移さないようにマスクをしますよね?

でも、ロシア、フランス共に、みんな風邪をひいてもほとんどの人がマスクをしません。

なので、マスクをしていようものなら、

この人いったい何の病気?という発想になります。

不本意ですが、私もオフィスではマスクをしますが、外ではしないようにしています…。

 

さて、今回の「風邪」。

恐らく、「インフルエンザ」でした。

なぜ、恐らく…なのか。

 

それは、病院に行っていないからわからないのです。

 

生まれてこのかた、インフルエンザはもちろん、38.3度以上の熱を出した事が無いので、39度の熱なんて、悪夢のようでした。

 

インフルエンザかも…

 

と思いましたが、

熱が出た時1人だったのと、高熱で動けず、とても病院になど行けませんでした。

 

しかし、処方箋無しでタミフルが薬局で買える!という情報をゲットし、少しだけ落ち着いた時にふらふらと、徒歩1分の薬局へ。

 

夜中だったので、小窓からアジア系の優しそうな薬剤師のおじさんが顔を出し、

 

「何が必要ですか?」

 

と聞きました。

 

私はありったけのロシア語で、

 

「熱が39度あります…」(泣きそう)

「так(タック)?」

   =「はい、それから?」

「喉が痛いです…」(息も絶えだえ)

「так(タック)?」

「多分、インフルエンザだと思う…」

ok どうぞ」

 

と、中に入れてくれました。
                 

タミフルありますか…?」

「はい、ありますよ。」

と、簡単に引き出しから出てきました。

 

「私はロシア語が話せません。薬の飲み方を説明して下さい。」

と、たどたどしく、必死に伝えると、

「大丈夫、ちゃんと話せてるよ!」

とおじさん。

 

この人は天使だと思いました。

 

そして、飲み方を説明してくれますが、一箇所だけわからない部分が。

2人でジェスチャーやら、あれこれやっていると、若い男性のお客さんがはいってきました。

見るに見かねて、私に

「英語わかる?」

と。

「はい、少し。」

答えると、そのお兄さんが、

英語で説明してくれて、問題解決。

このお兄さんも天使だと思いました。

 

ちなみに、タミフル5日分で、

日本円にして2800円位。

受診料無しですから、それ程高く無いですよね。

助かりました。

 

その後、おじさんは喉の痛みの為に、

お湯に溶かして飲むパウダーをオススメしてくれたので、それも買いました。

f:id:paris-moscou:20170305071532j:image

おじさんとお兄さんに、

丁寧にお礼を言って帰宅しました。

 

そして、おじさんのいう通りに薬を服用。完全な回復までには1週間以上も時間がかかりましたが、お陰様で回復できました。

ロシア人の皆さんは、

こんな風にとても優しいです。

 

初めてのインフルエンザをモスクワで…。

 

皆さんの優しさが身に沁みました。

 

 

ちなみに、普段薬局で買うもの。

先輩に教わった、喉や免疫の回復に有効だというエキナセアというハーブも、日頃から愛用しています。
疲労が続く方、ぜひお試し下さい。

舐めて溶かすタブレットタイプなので、簡単にいつでもどこでも服用できます。

 f:id:paris-moscou:20170305072210j:image

 

 皆様、体力をつけて、体調にはには気をつけましょうね!