読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリのちモスクワ

パリで出逢ったロシア人と10年後にモスクワで結婚。超ロジカルな夫と超うっかりな私の生活、ロシアの魅力。

公園グルメ ВАТА

 

前回のゴーリキーパークの続き。

 

ゴーリキーパークや、大きな公園には、

カフェはもちろん、ファストフードの小さな屋台が沢山出ます。

 

その中に、子供の頃、夏祭りで誰もが食べた、懐かしのお菓子を発見。

 

ロシア語で、ВАТА。

ワタ と発音します。

 

そう、綿菓子!

ロシアでも、ワタ と言います。

 

ちなみに、医療用コットンも、ВАТА。

f:id:paris-moscou:20160730030256j:image

 

これは綿菓子屋台の看板。

ВАТА ワタと書いてあります。

下のは水で、ВОДА ヴァダー。

f:id:paris-moscou:20160730010359j:image

 

もちろんトライ!

 

お金を払うと、

綿菓子の前に手のベタベタを予測して、濡れナプキンをくれます。

f:id:paris-moscou:20160730025425j:image

 

が、このナプキンの袋がすでにベタベタでした…。

でも、この心遣いに感謝!

 

綿菓子ぐーるぐるは、万国共通。

ちょっと見にくいけど。

f:id:paris-moscou:20160730025450j:image

 

出来ました♡

結構でっかい。

f:id:paris-moscou:20160730010308j:image

 

大人になってから、独り占めするのは初めてです。

 

暑くて溶けそうなので、必死に食べていると、

 

「それ、どこで買ったの?」

 

と、小さい女の子を連れた若いお母さんに声をかけられ、

 

「あそこですよ!(Там!)」

 

と、教えてあげました。

 

とっさに文章にはならず、

一言しか返せなかったけど、

会話のきっかけにもなって満足。

 

女の子が無事に綿菓子を手に入れたのを確認して、読書をして帰りました。

 

ロシアと日本の共通点を発見できて、

嬉しかった!