読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリのちモスクワ

パリで出逢ったロシア人と10年後にモスクワで結婚。超ロジカルな夫と超うっかりな私の生活、ロシアの魅力。

マルシュルートカ デビュー!

 

 

私は乗り物が好きです。

 

が、なかなかひとりで乗る勇気の出ない乗り物がありました。

 

それは、マルシュルートカ。

マトリョーシカと混ざってしまい、

名前を覚えられなかったけど、

由来を調べたら、フランス語の

マルシュ=歩く とか 進む 

ルート=みちのり

を組み合わせたものらしい。

これで、やっと覚えられました。

 

乗り合いタクシーのような小型バスで、

基本ルートは決まっているけど、

好きな所で乗り降りできます。

 

***の横!

とか、

地下鉄の近くで!

とか、融通がききます。

 

 

だからこそ、

うまく話せない私にはレベルが高く、

ひとりで乗る勇気が出ませんでした…。

 

 

しかし!

先日勇気を出すきっかけが。

 

ヨガの後、

普段はトラムという路面電車で帰宅するのですが、

その日は向こうの線路上で、

トラムが立ち往生していました。

 

 

普通なら諦めて、

地下鉄を乗り継いで帰るのですが、

その日は荷物も多く、

乗り継ぎは嫌だ…と思い、

たまたま通りかかった、

マルシュルートカに乗る事を決意!

 

 

走って追いかけ、

止まったところで車内に乗り込んだ。

 

 

運賃は車内に書いてあって、

30ルーブルをタイミングを見計らって、直接ドライバーさんに支払います。

 

 

荷物が多くてグラグラな私に、

おじさんが席を譲ってくれました。

 

 

そして、席について落ち着いてから、

どうやってドライバーさんに頼むのか、どんなルートを通るのか、

ワクワクしながら社会見学!

 

車内はこんな感じ⬇︎

 

f:id:paris-moscou:20160614231815j:image

 外観はこんな感じ⬇︎

 

f:id:paris-moscou:20160614232338j:image

 

決してキレイでは無いし、

帰宅したら、ズボンのお尻の一部がオイルか何かで黒くなっちゃってたけど、

乗りこなせたらとても便利!

だから新しいズボンが汚れても大満足!

 

 

もちろん、

家では興奮の大報告をしました。

また1つレベルアップ!