読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリのちモスクワ

パリで出逢ったロシア人と10年後にモスクワで結婚。超ロジカルな夫と超うっかりな私の生活、ロシアの魅力。

ロシア語家庭教師 再び

 

前回、ロシア語が楽しくなってきました。

と書きました。

 

仕事ではほぼロシア語は使わないので、

あまり上達はしていないのですが、

新しい先生とのレッスンを再開し、

自己学習をする時間も増えました。

 

以前お願いしていた男性の先生は、

中国の大学に呼ばれて転勤していき、

今度は知人に紹介してもらった女性の先生です。

 

先生は、私より若いこぎれいな人で、

何と言うか、いい意味で独特な雰囲気で、

いっさい慣れ合いにならず、

プライベートに入り込んでくる事も無く、

私の都合にしっかり合わせてくれて、

彼女とのレッスンには全くストレスがありません。

 

最初はちょっと、

その不思議感が噛み合わないかも、

と思いましたが、仕事人という感じで、

今は彼女のレッスンがとても気に入っています。

 

我が家に来てもらっているのですが、

授業後に雑談しながらお菓子を食べて・・・とか、

そんなこともなく、

授業が終わったらそそくさと身支度をして、

私の雑談に答えながら玄関に向かいます。早い!

そこへ、「先生お金お金!」

と毎回追いかけていくといった感じ。

 

先生は、

「ああ、お金?じゃあもらおうかしら。」

とは言いませんが、本当にそんな感じで、

私がもし支払いを忘れても、

「じゃあね!」と、

そのまま帰ってしまいそうな雰囲気。

一度試してみたい誘惑にも駆られます・・・。

 

あまりに早いので、

「先生お急ぎですか?」

と聞くと、

「来るときは急ぐけど、帰りはゆーっり帰るわ。ゆーっくりね。」と。

 

どう考えても、

めちゃめちゃ急いでいるようにしか見えないのですが、

そんな彼女の喜怒哀楽が無く淡々とした言動が、

だいぶ私のツボに入ってきました。

 

基本、男女問わず、

独特な雰囲気を醸し出す人が好きなので、

興味津々になってきてしまったのですが、

この、ノンストレスの関係を長続きさせたいので、

グッとこらえてロシア語の上達に邁進する所存です。

 

興味深々は封印!

我慢できるかな・・・。

 

先生、末永くよろしくお願いします!