読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリのちモスクワ

パリで出逢ったロシア人と10年後にモスクワで結婚。超ロジカルな夫と超うっかりな私の生活、ロシアの魅力。

西本智実さんとロシア国立交響楽団

 

12月10日、待ちに待った西本智実さん指揮のコンサートが、地下鉄マヤコフスキーからすぐの、チャイコフスキーコンサートホールで開催されました!

f:id:paris-moscou:20161226050213j:image

 

f:id:paris-moscou:20161226050402j:image

 

地下鉄マヤコフスキー駅の真ん前の広場には、こんな楽しいブランコがあります。冬だろうが雪が降っていようがお構いなし!

私も1人でトライした事があります…。

 

ここは、一週前の12月2日にバイオリニストのニキータさん(前回登場しました)を聴きに来たばかり。

 

そして、今回の西本智実さん。

もちろん名前は知っていましたが、サンクトペテルブルクイリヤ・ムーシン氏のもとで勉強した事などは、初めて知りました。

 

私は指揮者の専門的な良し悪しはわかりませんが、とにかく、同年代の日本人女性がここで指揮台に立つ、という事だけでも充分感激です。

 

西本智実さんは、とても華奢な女性でしたが、指揮をする姿はとても凛として素敵でした。

 

隣にいたロシア人のおじさんに、

彼女の指揮、どう思う?

と聞いたら、

いいよ!よくオーケストラが動いてるね!

と褒めていました。

 

実はこのおじさん、前回も隣で、チャイコフスキーについて色々教えてくれた方。同じ席を取ったら、おじさんも同じ席を取っていました。今回は奥様と一緒。

多分あの席でまた会えると思う…。

 

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番(ソチオリンピック浅田真央さんが使った楽曲)を演奏されましたが、日本人女性がモスクワで一流のオーケストラを率いている姿を見て、その演奏を聴いて、少し落ち込んでいた私はたくさんの勇気をもらいました!

本当に聴きに来て良かった。

 

最後は涙が止まらず、それに気づいたおじさんが言いました。

僕の妻も今、君と同じだよ!

 

終わってからお友達と、お花買っていって渡せたら良かったよね、と話しました。ファンの人達が、ステージ前で直接本人にお花を渡す事がよくあります。

やりたかった…。

 

今度はいつ聴けるかな。

その時を楽しみに…。