読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリのちモスクワ

パリで出逢ったロシア人と10年後にモスクワで結婚。超ロジカルな夫と超うっかりな私の生活、ロシアの魅力。

モスクワの雪事情

  

11月になりました。

日本はまだ、20度近く気温が上がることがあるみたいですね。

 

モスクワは現在0度。

雪が降っています。そして、もう外は雪が積もっています…。

 

f:id:paris-moscou:20161104044408j:image

 

雪が積もっていると言う事は、働く車の登場です。

 

f:id:paris-moscou:20161104044521j:image

f:id:paris-moscou:20161104044747j:image

 

 今朝は、3台連なって雪を蹴散らし、後部に搭載した薬を撒きつつ去って行きました。

歩きやすい…。

さすが雪国、対応が早い。

ビルの上の雪おろしも始まっています。

 

私も実は雪国の生まれです。

家族の猛烈な反対を押し切って、確か90歳近くまで、毎日自分の家の前の雪すかしをし、屋根に登って雪おろしをしていた祖父を思い出しました。

 

そして、最近発見したこと。

 

雪の結晶って、肉眼で見えるんですね。

日本でも乾燥している地域ではもしかしたら見えるのかもしれませんが、私の故郷は湿気が凄いので、見たことが無かったのでびっくりしました。

 

本当に見事に、あの結晶!

色んな形があってたのしいのですが、とても難しくて1つしか撮れませんでした。小さくてごめんなさい。

本当に可愛い、綺麗な形の結晶でした。

なんとなく見えるかな?

f:id:paris-moscou:20161104045921j:image

 

この結晶、家を出て駅に着くまでの7分間、まるで手袋のワンポイントのようにずっとこのままの形でついて来ました。

 

寒いし、暗いけど、モスクワにはこんな楽しみもありました。

 

また小さな楽しみを見つけたらお知らせします!