読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリのちモスクワ

パリで出逢ったロシア人と10年後にモスクワで結婚。超ロジカルな夫と超うっかりな私の生活、ロシアの魅力。

陰日なた無く

 

今回は番外編、ロシアとは全く関係ありません…。

 

 

私は今日本に一時帰国中で、生まれ故郷、石川県の金沢に帰省しています。

 

金沢は、北陸新幹線が開通してから、観光客が凄い勢いで増えました。

海外の方々も沢山観光に来ています。

その流れで、安くて手軽なゲストハウスも増えて、とても賑わっています。

 

私は金沢が大好きです。

 

今日は、金沢の大人気スポット、

金沢21世紀美術館に行ってきました♡

f:id:paris-moscou:20160702231201j:image 

https://www.kanazawa21.jp/

 

お目当は、山下清展。

そう、裸の大将 のモデルになった、放浪の画家、山下清さんです。

 f:id:paris-moscou:20160702231244j:image

 

いや、本当に久しぶりに、観てよかったー!と、心から思いました。

 

彼は、先天的では無く、幼少期に重大な消化不良を起こし、知能と言語に後遺症が残りました。

 

それが原因で、小学校でいじめられてしまい、知的障害児施設 八幡学園へ転校し、貼り絵に出逢いました。

 

今回の展示には、作品の横に、清さんの日記や文章が添えられていて、それが、本当に素敵☆

 

 

その感覚が可愛らしすぎて、ついつい笑ってしまいます。

純粋な子供の頃の感覚って、こんな感じだったのかなあって感じです。

 

 

大半の人が、笑ったり吹き出したりして、笑顔になっていました。

 

 

感心したり感動したりする展覧会はよくありますが、皆んなが笑っちゃう幸せな展覧会って珍しい。

 

 

有名な貼り絵「長岡の花火」の前では、繊細さと美しさにゾワゾワーっとしました。

 

「みんなが爆弾なんかつくらずに きれいな花火ばかりをつくっていたら きっと戦争なんか起きなかったんだな」

 

と、清さんは言っていました。

 

 

私が1番グッと来たのは、放浪日記の中の文章で、働かせてもらっていた所で言われたという言葉。

写真は禁止だったし記憶力が悪すぎて、文章は合っていないけど、こんな感じ。

 

人の四分の一しか仕事が出来ないから、本当は雇うのは難しいのだけれど、清は、本当に陰日なた無く一生懸命働くなあ。これからも一生懸命働いてな。

 

 

人が見ていようと見ていまいと、変わらず一生懸命働く。

 

 

私も陰日なた無く生きる人になりたい。

最近の自分に反省し、早速目標に設定。

 

 

その他にも感心し、考えさせられる言葉が満載!本当に素敵な美術展でした。

 

 

ドラマ 裸の大将の清さんとは、かなり違う部分もある事も分かって、その人となりも本当に興味深い。

 

 

本など読んで、色々知りたいと思いました。

 

 

山下清展、お宅の近くに来た際は、必見です!