パリのちモスクワ

パリで出逢ったロシア人と10年後にモスクワで結婚。超ロジカルな夫と超うっかりな私の生活、ロシアの魅力。

カースタント体験

こんにちは。

 

モスクワは秋です。

たまに氷点下になりますが、11月はれっきとした秋。

去年はもうこの時期、雪が降っていました。

もうすぐ綺麗な雪の季節です。

 

モスクワに住んで1年10か月が経ちましたが、

この度初めて、日本から友達が遊びに来てくれました。

なかなかロシアへ旅行に来られる友達はいないもんです。

家庭があったり、なかなか長い休みが取れなかったり、

ロシアがまだ謎過ぎたり・・・。

 

今回来てくれた友達は、海外旅行が大好きなうえ、

ロシアが本場のバレエやクラシックにも興味があるので、

持ってこいの旅行先。

私がパリに住んでいた時も、遊びに来てくれました。

 

何としても、ロシアを好きになってもらうべく、

奮闘いたしました。

 

まず、空港までお出迎え。

行きは空港直通のエクスプレスに乗って行きました。

帰りは10時間のフライト後の友達と一緒ですからタクシーで。

 

モスクワでは、ケータイアプリで簡単にタクシーを予約でき、

そのタクシーの番号や車体の色、運転手の名前、今どこにいるかもチェックできるし、運転手と直接電話連絡も出来るので、とっても便利。ケータイ音痴の私でも使えます。

 

そして、早速タクシーを予約し、外で待機。

私の語学力では、電話をされても余計に混乱しますので、

車番を必死に探します。

 

すると、案の定電話が・・・。

仕方が無いので出ます。

運「着いたけど、どこにいますか?」

私「〇番出口の前。」

運「僕も。どこですか?」

近くに大きな広告映像の画面が目に入ったので、

私「えーと、あー、でっかいテレビがある所。」

運「僕も、そこ。すぐ近く。」

私「あー、見えた見えた!行きます。」

 

すると、若いお兄ちゃんが、

早く早く!というジェスチャーとともに降りてきました。

 

お兄ちゃんはトランクを素早く積み、

「急いで急いで!」

私達はわけもわからず乗り込みます。

乗りこむとドアを閉めてない状態で走り出しました。

「おーい!」

「ほら、駐車券がさあ!ぎりぎり!あははー。」

と、軽快に飛ばします。

 

そして、無事駐車券の時間内で脱出。

「わーい!」

良かったね、お兄ちゃん。

 

それから、お兄ちゃんの質問の嵐。

「韓国人?友達はなんでマスクしてんの?病気?」

「日本人だよ。私はモスクワに住んでて、友達は日本から

遊びに来たんだよ。マスクはねー。」

なんて説明するか・・・。

飛行機は空気が乾燥するから。って言いたい。

でも『空気』って単語忘れた。『乾燥した』はわかる。

 

「ほら、これ(空気を手でジェスチャー)わかる?

エアー、わかる?」

「ボズドゥハ(空気)?」

「そうそう、それ、サマリョート(飛行機)は、

エアーがスーホイ(乾燥した)だからー。」

と、英語とロシア語と日本語をミックス。

 

すると、お兄ちゃん大爆笑。

「エアーがスーホイ!わかる!超面白い!」

もう、ゲラゲラなのです。

「そんなに・・・?」

「うん、面白い!」

ひゃーっひゃっひゃっ!

「日本語でこんにちはってなんて言うの?」

「こんにちは だよ。」

「こんにしわーこんにしわー。」

「さよなら は?」

「さよなら だよ。」

「さよならーこんにしわー、俺、超うまくない?」

「うまいうまい。」

ひゃーっひゃっひゃっ!

あまりに底抜けに明るくて、こっちも笑ってしまう。

 

友達が、

「みっちゃん、もしかして知り合い?」

と聞くぐらい、すぐに打ち解けてしまった私達。

 

彼はアゼルバイジャン出身のラウル君33歳。

 

「音楽きく?」

と、ご機嫌なアゼルバイジャンナンバーを聞かせてくれました。

 

それからも世間話をしつつ、ラウルの誘い笑いが続きます。

 

自由なラウルは、

「ちょっと電話しても良い?」

100キロ出しながら、友達とゲラゲラ笑いながら話しています。

 

笑いながら、話しながら、100キロで車線変更しっぱなし。

私達は後ろで、

「おーい!ちょっとちょっと、速過ぎー!危なーい!」

と、つかまりながら悲鳴。

友達は自主的にシートベルト着用。

「ちょっとちょっとー!私、死にたくないんだけどー!」

「大丈夫!」

「そんなこと、信じられない!ちょっとちょっとー!」

「ちょっとちょっとー!(私の真似)あははー!俺も死にたくない!大丈夫、俺子供3人いるからー!」

「へー、そうなんだ!(友達に)子供3人いるから、俺も死にたくないから大丈夫だってー。」

一瞬、その変な理論になっとく。

なんでも、奥さんはいなくて(事情はわからないけど)、

子供はお姉さんが見てくれているらしい。

 

こんな、まるで明石家さんまさんのような、元気なラウルにも、

色々あるんだろう。

 

そこからも渋滞の道を、走っちゃいけない側道をぶっ飛ばし、ブレーキはほとんど使わずに車線変更していく。

後ろでギャーギャー言う私達に、わざとハンドルから手を放してみたり、

「大丈夫大丈夫!今日のことは、君たちずっと忘れられないでしょ?」

と、ご機嫌。

 

悲鳴を上げながらも、

「大丈夫かもな。」

と、うっすら思ってしまいましたが・・・。

 

しかし、あの運転で、よく捕まらなかったと思います。

大げさじゃなく、映画のカーチェイスのような運転技術。

本当にジェットコースターより恐怖でした・・・。

でも、後で友達と、

「運転はすごくうまかったよね・・・。」

と話しました。

 

無事に高速を降り、

「死ななかったね。」

と言ったつもりが、動詞が間違っていて、

「死ななかったね、だよ。」

と、ラウルが直してくれました。

こんな風に家に着くまで、片言のロシア語の間違いを、

私が何を言いたいか即座に理解して、何度も直してくれました。

 

理解してくれる彼だから、いっぱい会話が出来たのです。

ロシア語でこんなに沢山、楽しく会話をしたのは初めてでした。本当に楽しかった。

 

そして最後、家の近くで、

「この辺でしょ?」

と聞かれ、

「そう、あ、コレコレコレ!」

と言うと、

「コレコレコレ!ひゃーっひゃっひゃっ!」

また、ラウルのツボに入りました・・・。

そこから、アパートに着くまで、

『コレコレコレ』

を、何度もおねだりされる始末。

「気に入った?」

「うん、超面白い!!!」

 

私達は、最後まで車内でゲラゲラ。

「じゃあね、本当に気を付けてね!」

と、お別れ。

 

普通のタクシーだったら、確実に1時間位到着が遅かったでしょう。

死ぬかもと思ったけど、結果オーライです。

ラウル、ありがとう。

 

彼のお陰で、友達は私がロシア語がペラペラだと勘違いしてしまい、

「いや、こんなに話が通じたの初めてなんだよ。」

と言っても、

「すごい、すごいよ!」

と、しばらく感激していました。

 

それ以来、下手なロシア語を話すことに抵抗が無くなりました。

 

ラウル、ありがとう。

子供達のために、カースタントは控えめにね! 

 

久しぶりのなっちゃん

 

今日は、モスクワも夏日。

30度のお天気!

 

今夏休みのなっちゃん(語学交換をしているロシア人女子大生)が、

バカンス先のソチから帰って来たので、1ヶ月ぶりの勉強会。

ソチ土産。

f:id:paris-moscou:20170821052158j:image 

いつもの地下鉄トレチャコフスカヤ駅で待ち合わせると、良い色に焼けたなっちゃん登場。

 

ロシアでは、夏は日焼けするのがステイタスで、かっこいい。

バカンスして来ましたーっていう。

 

2週間日本語から離れてしまったなっちゃんは、簡単な会話にもひと苦労していましたが、そこは若さで挽回!

話しているうちに徐々に持ち直しました。

 

今日は、

こちらこそ  ひどい  かなり  そして  自己  

などの、言葉の使い方やシチュエーションを例文を使って解説しました。

 

私はここ数ヶ月、仕事が忙しくてロシア語の先生に会えず、初心者の教科書を自力でなんとか終えたところ。

教科書の分からなかった問題の答え合わせや、言葉の使い方をなっちゃんに習いました。

 

なっちゃんは大学の先生に、

「日本語を勉強するなら、折り紙の鶴を折ることができなければなりません。」

と言う、謎のプレッシャーを受け、

折り紙を持って来ました。

 

なので、カフェで2人して鶴を折りました。

 

f:id:paris-moscou:20170821050401j:image

 

薄い桃色の鶴がなっちゃんの。

とてもキレイに折れました。

 

久しぶりに話しましたが、何となく、前よりもほんの少しですが、理解できるロシア語が増えたような気がしました。

自己学習が、少しは効いているのか…。

語学はコツコツ積み重ねるしかないですね。

 

自宅では、ロシアのコメディ映画を中心に観るようにしています。

 

仕事柄、ロシアの若者と触れ合う機会が多いので、面白い映画を教えてもらっています。そして、観た感想を話すようにしています。

あそこが面白かった!

そうそう、わかるー!

あの音楽も良かったねー。

など、一緒に笑えます。

すると、またお勧めを教えてくれます。

 

何を言ってるのか、全然分からなくても、繰り返し観ていると、わかる言葉や真似できる言葉も出て来ます。

 

これもまた、コツコツ。

全てはコツコツの積み重ね。

 

これからもコツコツやって行きます。

 

 

 

 

 

 

モスクワの夕焼け

 

7月です。

夏です。

寒い…。

 

日本は連日30度の真夏日だそうで、

我が家の愛犬も、昼間はお散歩に行けない日々が続いているようです。

 

なのに。

モスクワは暑くならない。

最近でも、雨降りで12度、なんて事もありました。今は15度位。

まだジャケットが手放せません。

 

でも、ロシア人に聞いたら、

寒くない。涼しくて良い。

との事。

 

でも、こんな事では、

 

モスクワって、一年中寒いんでしょ?

 

が、現実になってしまいます。

 

違うんです。

モスクワだって、夏は普通に暑いんです。

 

こんな夏は初めてだと、モスクワ在住が長い方も口々におっしゃいます。

 

夏服が着たい。サンダルが履きたい。

 

汗っかきなのに夏が1番好きな私は、

夏に、夏を待ちわびています。

 

でも季節通りに、日が長い。

これは気持ちがいいです。

 

我が家から見える夕焼け。

 

f:id:paris-moscou:20170711045410j:image

 

これで21時です。

 

6月は、もっともっと長かったので、

仕事から帰宅して、夜ご飯を食べていると、まるで朝日が差し込むよう。

 

これからまた仕事に行くんだっけ?

というような錯覚に陥ることが何度となくありました。

 

またすぐに、長〜い冬が来ます。

夏のうちに、太陽を浴びておかないと。

 

でも、モスクワに来て変わったことがひとつ。

夏だけでなく、冬も好きになりました。

 

何だか極端に寒くて、個人的にはまだ面白いと思えます。

そして、綺麗だし。

 

どの季節も楽しめたら、何より。

 

いつでも楽しいモスクワへどうぞお越しください。

 

やんちゃなアイス

 

 

ロシア人はアイスクリームが大好き。

冬だろうが雪だろうが、老若男女一年中アイスクリームを食べます。

 

アイスクリームはロシア語で、

Мороженое マロージェナエ

と言います。

 

街中にアイスクリーム売りのキオスクがあって、みんな食べ歩きしています。

 

先日スーパーで、見つけたアイスクリーム。

キットカットのアイス!

私はキットカットがとても好きです。

コーンの中がウエハースとチョコレートの層になってるのかなー、と、興奮して手に取ると…。

 

……。

 

思ってたのと違う…。

 

と、一度は心が折れて、買わずに帰りましたが、気になって仕方がない。

そこで、偶然セール中だったキットカットアイスを思い切って購入。

これです。

 

f:id:paris-moscou:20170702170649j:image

 

開けてみました。

 

f:id:paris-moscou:20170702170715j:image

 

突き刺さっています。

そう、三角コーンのアイスクリームのど真ん中に、潔く突き刺さった一本のキットカットが。

なんとも乱暴なアイデア

 

食べ進めると、

 

f:id:paris-moscou:20170702170923j:image

 

当然こうなります。

 

少し調べたら、以前タイで売っていた様子。日本にはないですよね?

 

日本に上陸したら(上陸する気がしませんが)是非お試しください。

味はともかく、このやんちゃ加減にホッと一息つける…かも知れません。

 

 

バナナの売り方

 

昔、ロシアでは、バナナはとても高価な果物でした。

それは日本も同じですね。

 

今や、素早くエネルギーになり、手軽に食べられる果物として大人気のバナナ。

 

モスクワでは、店によって、そして日によって、良いバナナがある時とない時があります。

 

私が通勤途中に降りる地下鉄の駅前にあるスーパーは比較的、野菜も果物も綺麗なものが多いので、たまに立ち寄ります。

同じチェーン店でも、我が家の近くの店より質が良いです。

 

そして、私が初めて出会ったバナナの売り方がこちら。

 

f:id:paris-moscou:20170702054839j:image

 

これ、すごく良いアイデアだと思いませんか?

何よりバナナが痛まない。

そして、見やすい。

 

忙しい朝、まるでマラソンの給水所さながらに、止まる事なく欲しい本数のバナナを通りすがりにゲット出来ました。

 

そのままノンストップでレジへ!

 

しかし…

 

こちらのスーパーは、自分で計りに品物を乗せて、値段のシールを出して貼らなければならないお店が多いのです。

バナナの左後ろで、画面に向かうお客さんがチラッと映っています。見えるかな。

値札には必ず番号が書いてあり、その番号を画面でタッチすると値段のシールが出てくる仕組みです。

 

 

結局シールが無いので、レジのお姉さんに冷たく拒否され、とぼとぼと、野菜売り場に戻り計量。

 

結局時間がかかってしまいましたが、きれいなバナナが買えたので、問題なし!

 

これからも、質の良い果物や野菜を素敵なアイデアで提供して下さい!

 

モスクワ国際バレエコンクール 2017

 

また、長いこと書くことが出来ずにいましたが、

今回ばかりは書かずにいられません!

 

開催からだいぶ時間が経ってしまいましたが、

待ちに待った、モスクワ国際バレエコンクール シニアの部 最終日、行ってきました。

このコンクールは、4年に1度開催されます。

 

そして、最終ラウンドのみ、ボリショイの本館で行われます。私はだいぶ前からチケットをチェックし、売り出しとともに購入!

1500ルーブル 約3000円の席を選びました。高い席ではありませんでしたが、とても見やすかったです。

 

日本でもニュースになりましたが、日本人ダンサーが2人、金賞をとりました。

シニアの部、大川航矢さん。ジュニアの部、千野円句さん。

シニアの金賞は1993年以来、ジュニアは2001年以来の快挙だそうです。

そして、大川さんとペアで踊った寺田翠さんも3位入賞しました。

 

大川さんと、寺田さんの演技は、本当に凄かった!

(私はバレエ素人なので、専門的なことは言えません。もっと知りたいので、なるべく色々な演目を観に行くようにしています。バレエとコンサートの為に働いていると言っても過言ではありません!)

お2人の演技は、なんと言うか、もっともっと観たい!えー、終わっちゃうのー!と思わせる演技でした。

 

大川さんの、跳んだら降りてこないジャンプのダイナミックさと正確さに、演技の途中から拍手が沸き起こります。

寺田さんの演技も、華奢な体でキリリと踊る姿が何とも素敵でした。途中で片手を上げるバランスの難しいフェッテ:Fouette(簡単に言うと、片足でぐーるぐる回るあれです)や、大川さんとの息の合った演技が素晴らしかったです。

 

隣のロシアおばちゃん達も、信じられないわ!などと言っていました。

私は日本人だというのに、ワーオ!と叫んでしまった…。

そして、この上なく誇らしかったです。

 

このペアだけでしたね、舞台からはけた後も拍手が鳴り止まずに、もう1度挨拶に出て来たのは。

観客も目が肥えているので、拍手の大きさの差が顕著です。

 

ロシアが誇るダンサー、スベトラーナ・ザハロワさんも絶賛していたと聞きました。

 

ちなみに、日本人以外では、カザフスタンの男性ダンサーで、ソロの金賞を獲得したБактияр Адамжан (読み方に自信がありませんが、バクチャール アダムジャンさん?間違っていたらごめんなさい。)さんの演技が好きでした。

大川さんと、Бактиярさんが金賞に違いない!と、素人ながら思っていました。Бактиярさんは、サテン生地でバンダナを巻いた、往年の「光GENJI」さながらの衣装で私の度肝を抜きました。

(*念のため、光GENJIは、SMAPよりも先にデビューし、一世を風靡したスーパーアイドルグループです。)

「光GENJI・・・。」とつぶやき、その場でパンフレットに記入したものがこちら。

薄〜い鉛筆で書いたそのままお届けします。

 

f:id:paris-moscou:20170630060023j:image

 

彼もジャンプや思い切りのいい演技が素晴らしく、会場から大きな拍手が沸きました。

もう1度観たい!の演技です。

私は彼らのように、跳んだら降りてこないダンサーが好きです。

 

そして、栄光の裏には色々なドラマがあります。

ジゼルを踊った、ウクライナのソロの男性ダンサーは、2回演技する予定でしたが、1回目の演技のジャンプの着地で滑ってしまい、激しく転倒。そのまま足を引きづりながら退場しました。

けがをしてしまったのだと思います。2回目の演技はありませんでした。見ていてとても辛かったですが、観客はみんな、大きな拍手で彼の健闘を称えました。

一瞬のために気が遠くなるほど練習を重ね、一瞬も気を抜くことが許されない、とても厳しい世界だと思いました。

 

興奮さめやらず、長くなりそうですので、この辺で写真を紹介します。

 

 

審査員席のザハロワさん。左から6番目です。とても素敵でした。あまりきれいな画像じゃなくてすみません。

オーケストラの手前にずらっと並んでいらっしゃいます方々が審査員の皆さんです。

わかりますか?

f:id:paris-moscou:20170630042443j:image

 

そして、振り付け師で、現在ボリショイバレエ団のバレエマスターである、ユーリー・グリゴローヴィチさん!

「石の花」「スパルタクス」「ロミオとジュリエット」などを手掛けた凄い方です。

えーと、もちろん真ん中にいらしたような気がします。

ザハロワさんに気を取られて忘れてしまいました。

 

高めの席でしたので、オーケストラも見えますね。ボリショイ劇場はこんな感じです。

 

f:id:paris-moscou:20170630041558j:image

緞帳が上がる前の舞台とオーケストラ

 

f:id:paris-moscou:20170630042655j:image

豪華なシャンデリア

 

f:id:paris-moscou:20170630042705j:image

観客席 後ろのど真ん中に、こんな豪華な席があります。

 

もちろん全て、演技前に撮影しています。演技中は撮影禁止です。いや、撮影している人、必ず何人かいます。

もう、その時間がもったいない!当然肉眼で!

それから、コンサートやバレエを観に行って、うっかりさんの携帯が1度も鳴らなかった事は無い気がします・・・。

必ずいます。鳴らしちゃう人。とても残念ですが、携帯操作がままならないお婆ちゃんが多めなので許しちゃいます。

 

 

全て終了して、劇場を出たのは22時。

今は日が長ーいので、まだこんな明るさです。

夜歩くのも気持ちが良いです。

ボリショイ劇場赤の広場のすぐ近くですし、

この辺りには、レストランやカフェが沢山あるので、

ブラブラしたい衝動にかられましたが、翌日も仕なので、

諦めて帰宅しました。 

 

f:id:paris-moscou:20170630043051j:image

斜め左から

 

f:id:paris-moscou:20170630043103j:image

正面の広場には噴水があります。

この広場は、イベントの際に色々な雑貨や食べ物などの市場が出たりします。

 

f:id:paris-moscou:20170630043118j:image

遠目からのボリショイ劇場。きれいです。

 

どうですか?

モスクワに来たくなりませんか?

冬も良いですが、夏も気持ちが良いです。

バレエを観たい方は、7,8月はボリショイ劇場のダンサーのバレエは観られないので、確認を忘れずに!

http://www.bolshoi.ru/en/

英語バージョンのサイトです。

 

今確認したところ、7月16日から31日までのバレエは、他のバレエ団の公演ですね。

その後ボリショイバレエが観られるのは9月です。

9月は、「白鳥の湖」「ドン・キホーテ」「パリの炎」の予定が入っているようです。

 

またの機会に、今まで観たバレエの演目の紹介も出来たらと思います。

 

では、また今度。

 

 

 

ガガーリンさんの話

 

4月と言えば…

 

そう、ユーリィ・ガガーリンさんが有人宇宙飛行を成功させたのは、1961年4月12日。

 

ロシアに来るまで私は、

ガガーリンさんを、面白い名前の人だな、くらいにしか思っていませんでした。すみません。

 

歴史年号をまるで覚えられない私が、今ではガガーリンさんが宇宙に旅立った年月日が言える…

 

これは凄いことです。

 

そびえ立つガガーリンさん

 

f:id:paris-moscou:20170427202058j:image

 

私が仕事の帰りに通る、

Площади Гагарина ガガーリン広場

にいらっしゃるガガーリンさんです。

 

今にも飛び立ちそうですね。

 

彼は3000人の中から選ばれ、時の人になりました。田舎の労働者階級出身であることも1つ、そして、過酷な状況でも笑顔でいられる、それも決め手の1つだったそうです。

それにしても、無重力状態で人間が耐えられるか分からなかったあの時代、どんな思いで挑戦したのか、計り知れません。

 

Поехали!

さあ、行こう!

 

と言って、彼は旅立ちました。

 

108分の宇宙の旅。

無事に生還しましたが、彼の成し得たことは偉大すぎて、その重圧はあまりに大きかった。

 

苦悩のあまりアルコールに溺れた日々。そして34歳の時、飛行訓練中の事故で亡くなったと言われています。

 

最近見たDVD

ガガーリン 世界を変えた108分」

f:id:paris-moscou:20170428185330j:image

の特典映像で、訓練を共にした仲間達の話を聞いて、優秀なだけでなく、コミュニケーション能力が高く、人望の厚い、真っ直ぐな人だったのだと知りました。

 

そして、ガガーリンが地球に帰還した後の人生、そして彼の陰に隠れた優秀なパイロット達の人生にも興味がわきました。

 

 

というわけで、

去年誘われるがまま、ちんぷんかんぷんのまま行った、「宇宙飛行士博物館」に、改めて行こうと思っています。

 

また新しい発見があったら、記録しようと思います。