パリのちモスクワ

パリで出逢ったロシア人と10年後にモスクワで結婚。超ロジカルな夫と超うっかりな私の生活、ロシアの魅力。

モスクワでヨガに通う

 

こんにちは。

 

モスクワへ来てすぐに始めたヨガ。

仕事を色々始めたのをきっかけに行かなくなって早や1年。

 

もともとスポーツ少女だった私。

昨年、ずっと負け知らずだったかけっこで甥っ子に負けてしまうという事態に愕然とし、ショックを引きずりながら、これは運動をしなければと思っていました。

 

そして、少し仕事が落ち着いた今、思い切ってヨガを復活することに。

家の近所でも探しましたが、やっぱり以前に通っていたスタジオが、内容的にもお値段的にも私には合っているのでそこへ戻ることにしました。

 

2店舗あるのですが、より家に近い方で予約。

前から気になっていた、背骨に良いヨガのレッスンを選択しました。

 

え、こんなところにあるの・・・?という感じの怪しい場所から入るのですが、スタジオ内は、とてもいい感じです。

 

 

 

【カフェブース】軽食や各種飲み物、デトックスドリンクなどもあります。

 

 

【リラックススペース】レッスンの合間はみなさんここでくつろいでいます。

 

 

【スタジオ】窓も多く、光も入って気持ちがいいです。(すみません、気持ちがいい写真は失敗してしまったので、また撮ってきます)

 

 

ただ、ここはモスクワ。もちろん終始ロシア語です。

初期のころ、何も話せない私は受付で何か聞かれても、全然分かりませんでしたので(それでも一人で通っていた)、一応先生には、ロシア語が話せない事を先に言っておきました。

そうすると、側に来て直接直してくれたり、少し英語で指導してくれたりしました。

基本、みなさん親切です。

 

でも、以前話が通じなくて受付のお姉さんに、イラッとされたことがあったので、今回は1年経ったし、少しは分かるし、堂々と、「全然問題ないです!」という感じを醸し出しながら行ってみました。

 

親切な受付のお姉さんの、

「予約しました?初めてじゃないですか?スタジオの中の事、わかります?」

と言う質問もクリアし、お金を払って更衣室へ。

ひと安心。

 

ここの料金は、17:30までのレッスンは500p、それ以降は720pです。まとめて買うと、割安な価格もあります。ヨガマットを借りるには20p。休日も同じ。

なので私は休日の朝に行くことにしています。

 

私が選んだクラスは、そこまでハードじゃないけど背骨に良いヨガなので、首や背中に筋肉が無く、骨の湾曲に問題がある私にはぴったり。

60歳をゆうに超えているであろう方々も長く通っているようで、私でも少しきついポーズにもしっかりついて来ています。

継続すれば筋力はつくんだと改めて思いました。

 

さらに、先生がとっても美しい。顔もスタイルも良くて、声も私には心地よい。私はヨガをする時に、声が好きでないとあまり集中できないので、この先生は当たりでした。

と言っても、全部ロシア語なので、8割方分からないですけど。

BGM的な…。

 

それに、こんなスタイルになりたいなあ、と思いながらできるので、効果も増しそうな気もします・・・。

 

休日、ヨガから一日をスタートさせると身も心も引き締るので、気持ちよく続けられそうです。

 

気になる方は、サイトをのぞいてみてくださいね。

 

 

カウラ ヨガスクール

地下鉄 ツルゲーネフスカヤ / セミョーノフスカヤ 

Школа Каула-йоги - ЙОГА-ЦЕНТР в Москве

 

 

 

モスクワの雪事情

 

今年は雪が少ないね、なんて話していましたが、やはりそれなりに降って積もっています。

 

ちょっと油断して気温が上がると、

と言っても5度以下ですけど、

道がビシャビシャで、それこそ大変。

サラサラの雪がズンズン積もる方が良いのです。

 

今日は、うちの直ぐ前にあるスーパーへ買い物に。

結構雪深い。

 

ほんの数メートルの間に、雪かきしている人が何人もいます。

 

歩くぶんには良いのですが、車はそうは行かない。

車が雪に包まれているので、乗るまでにも作業が必要。

 

だって、こんな感じだから…

 

f:id:paris-moscou:20180205025506j:plain

 

これ、雪に埋もれた車です。

出かける気を無くしそうですね…。

 

乗れても、前後の雪かきをしないと出発できません。

 

でも、女性も実にたくましく車の雪を道具を使って対処していました。

きっと毎度の事で、慣れているのでしょうね。

 

ちなみに、日本とはパーツの数が違う、雪だるまをご紹介。

 

f:id:paris-moscou:20180205030033j:image

 

夜だったので、画像が悪いですが、

ロシアの雪だるまは、

顔、胴体、足?の3パーツで作られます。

日本の様な、2パーツの雪だるまは見かけません。

この写真はさらに、腕がある特別バージョン。

 

先日、日本人の友達と、夜ご飯を食べていたら、横に座っていたお孫さん連れのおじいさんに、

「外で一緒に雪だるまを作りませんか?」

と、お誘いを受けました。

私達が食べ終わるまで待つからって。

ゆっくり話もしたいし、時間的な余裕も無かったので、丁寧にお断りしたのですが、日本人は雪だるまを作ったことが無いと思われたのかな?

 

と思い、

この冬、実家の金沢で姪と作った雪だるまの写真を見せてあげました。

もちろん2パーツのやつ。雪うさぎ付き。

 

f:id:paris-moscou:20180205030736j:image

 

スタイルが全然違いますね。

国によって雪だるまが違うのも、

興味深いです。

 

モスクワ 最新 郵便局事情

 

先日オフィスに届いた郵便局からのお知らせ。

 

最寄りの郵便局に小包が届いている、との事。

 

でも、誰からの 何の小包かは一切書かれていません。

 

先輩曰く、

「それ書いちゃうと、取りに来ないからじゃない?」と。

 

確かに…。

例えば、カタログやパンフレットなどのお届け物なんて、どうでも良いものは多分取りに行かないから、郵便局が困る。

賢いですね。

 

まあ社会見学も兼ねて、私が取りに行くことに。

 

早速、所長の委任状を持って出かけました。

 

f:id:paris-moscou:20171227050250j:image

 

郵便局はロシア語で、

Почта ポーチタ。

 

入ってみましょう。

 

f:id:paris-moscou:20171227050426j:image

 

カウンターが並んでいて、色々なハガキや封筒などを買うこともできます。

 

インターネットのブースも。 

f:id:paris-moscou:20171227070903j:image

 

そして!

最新のシステムがこちら。

 

f:id:paris-moscou:20171227050536j:image

 

依頼の内容に応じた整理券を取るマシーンが設置されています。

 

発送、受け取り、支払い…

など、細かく分かれています。

 

私は受け取りなので、

f:id:paris-moscou:20171227051151j:image

 

Получить ポルチーチ

受け取り の画面をタッチ。

 

すると、さらに細かい画面が登場。

 

f:id:paris-moscou:20171227070406j:image

 

小包、手紙、さらに、支払いの有り無しも書かれています。

 

そして選択すると、ウィーン!

と、整理券が出て来ました!

 

f:id:paris-moscou:20171227071304j:image

 

ウィーン、ガチャ!

ヒラヒラーっと、そのまま下のゴミ箱へ。あらら。

 

ちゃんと受け取らないと、自動的にカットされ、ゴミ箱へ上手いこと入るシステム?になっていました。

気をつけましょう。

 

でも、もともとロシアの順番待ちは、整理券も無く、並びもせずに一番最後の人を探すシステムです。

後から来た人は、「誰が最後ですか?」

と聞いて、前後の人をお互いに確認します。

 

だから、おばあちゃん達は、この最新マシーンを目の当たりにして、オロオロ。

 

そして、その様子をついつい見学していた私を見つけたおばあちゃんが、

 

「ちょっと、お嬢さん。これわからないんだけど、どうやるの?ちょっと来てよ。」

 

はいはい、

「送るの、受け取るの、どっちです?

お金は払います?じゃあこっちですねー。」

ウィーン、ガチャ!

ヒラヒラーっと整理券はゴミ箱へ。

 

「Ой! (オイッ)」とおばあちゃん。

 

この「オイッ!」は、

日本語で言うところの、

「おっと!」とか、「あ!」とか、

驚いた時の感嘆詞。

私はこれが大好き。

真似しているうちに、今では私もこれが癖になっています。

 

そんなこんなで、最新の整理券と共に、おばあちゃんを無事に送り出しました。

 

f:id:paris-moscou:20171227064638j:image

 

その後も、マシーンに翻弄されるおばあちゃん方続出。

 

f:id:paris-moscou:20171227065109j:image

ウィーン、ガチャ!

ヒラヒラー

「Ой! (オイッ)」

 

ウィーン、ガチャ!

ヒラヒラー

「Ой! (オイッ)」

 

しばらく観察してしまいました…。

 

おや?
ふと気づくと、私の後に整理券を取ったおじさんが、呼ばれてもないのに窓口へ。

そして、小包を受け取っているではありませんか。

何?と思った人は私だけではなく…。
そそくさと並び始める人々。
それでは、と私も。

 

 ご想像の通り、整理券の出番はありませんでした…。

 

最新のシステムが導入されていましたが、まだ使いこなせていないみたい。

 

そういうところが、たまらなく可愛いモスクワなのです。 

 

耳かきの使いみち

 

 

モスクワに住んで、ロシア人が日本のアニメはもちろん、文化や、歴史にとても興味を持ってくれている事を知りました。

 

実は縁あって、細々と日本語を教える仕事をしているのですが、生徒達は本当に日本が大好き。日本のアニメのリュックにTシャツまで着て、授業に来る生徒もいます。

 

特に、宮崎駿監督のアニメの人気は本当に世界規模なんだと実感します。

 

日本人として、本当に嬉しい限りです。

 

そして先日、元生徒が自宅に招待してくれました。

 

「天ぷらを食べに来てください!」と。

 

日本旅行から帰国したばかりのG君と、奥さんのNちゃん。2人で一生懸命作ってくれました。

お味噌汁と天ぷら!

 

f:id:paris-moscou:20171213032911j:image

f:id:paris-moscou:20171213033053j:image

茄子、かぼちゃ、人参、海老の天ぷら。

 

奥さんのNちゃんは本当に可愛らしい人

で、天ぷらを揚げながら、

「ハイッ!アイッ!エイッ!」

と、掛け声をかけながら、油はねをよけてヒラヒラしています。

とんでもなく可愛い!

お見せできないのが残念です。

 

そんなNちゃんは、油の温度が上がりすぎて、天ぷらが少し茶色くなってしまったことで、G君に、

「天ぷらは白いです!お願いします!」

と、やんわり怒られていました。

 

でも、オタフクソースで食べた天ぷらは、新感覚でとても美味しかったです。

 

G君はお味噌汁係。

これはしっかり日本のお味噌汁!

 

デザートは、抹茶ケーキ。日本で買ってきたとの事。抹茶の味が濃くて美味しかった。ロシアのジャムを添えて。

 

f:id:paris-moscou:20171213034101j:image

 

その後は、数えきれないぐらいの日本旅行の写真を見せてもらいました。

見きれなくて、半分は次回に持ち越しになりました…。

 

そして、お土産。

 

「みちこ先生は、きれいな長い髪を持っていますから、これをどうぞ!」

 

f:id:paris-moscou:20171213034433j:image

 

わかりますか?

耳かきです。

先についているのは…

f:id:paris-moscou:20171213034453j:image

そう、ロシアでも大人気のトトロ!

 

Nちゃんが、

「みちこ先生!ほら!」

と、後ろを向くと…

なるほど!

 

かんざしにしていたのです。

 

Nちゃんと一緒にかんざし姿で1枚。

f:id:paris-moscou:20171213034829j:image

 

ちょっと分かりにくいですが、色違いのトトロです。

 

新しい耳かきの使いみちを、ロシア人夫婦に教えてもらいました。

 

私も、もっと日本の事を教えてあげたいです。

モスクワ 冬の健康対策

 

12月から、季節は冬。

雪が降ると綺麗ですが、どんより曇ったグレーの空。太陽には滅多に出会えません…。

夏場とは打って変わったこの状況。

 これで16時半です。

 

f:id:paris-moscou:20171211221617j:image

f:id:paris-moscou:20171211221621j:image

 

ちなみに7月の21時の模様はこちら。

 

paris-moscou.hatenablog.com

 

 

そこで冬場に、登場するのはこれ!

 

f:id:paris-moscou:20171211004659j:image

 

ビタミンD

 

太陽を浴びる事ができないので、ビタミンDを摂取します。

もともと骨が丈夫では無く、背骨のわん曲が人と違うので、気をつけなければなりません。

 

ロシアでは、冬の日照時間が短いから、ロシア人は夏場はできるだけ日光浴をするんですね。

子供達も太陽を浴びる事が、発育にとても大事ですから、散歩をよくさせていますね。

 

そして、これも!

 

f:id:paris-moscou:20171211010307j:image

 

以前にも登場した、エキナセア

免疫力をアップするハーブ。

以前はタブレットでしたが、今回はリキッドに挑戦。

 

今年2月に、人生初のインフルエンザで身も心もボロボロになったので、早めに免疫を上げていきます!

 

毎日数滴、スプーンにとって摂取。

味は…美味しくないです。

特にエキナセア…キツイです。

  

どの位効果があるのか分からないけど、気の持ちようで続けてみます!

 

モスクワ 普段の買い物事情

 

私は普段の買い物は、我が家の真ん前にある、「5」のマークでお馴染みのスーパー『ピチョーロチカ』にお世話になっています。

 

f:id:paris-moscou:20171210234320j:image

f:id:paris-moscou:20171210234517j:image

f:id:paris-moscou:20171210234521j:image

夜の写真ですみません。

12月なので、もうツリーが飾られています。

 

私がこのスーパーを利用する理由はいくつかあります。

 

とにかく徒歩80歩くらいで行ける事。

牛乳や、お水など、重い物を買っても安心です。

 

そして、割引の商品が分かりやすい事。

どのスーパーも同じなのですが、毎週のお買い得商品のカタログがあり、買い物しやすい

 

 f:id:paris-moscou:20171210235430j:image

f:id:paris-moscou:20171210235433j:image

 

こんな感じで商品の写真、値段、割引率まで書いてありますから、算数とロシア語に弱い私に、とっても優しい。

 

そして、ポイントカードは極力持たない私ですが、ここはポイントカードが無くて安いので、気に入っていました。

が、ポイントカードが始まって、レジのおばちゃんにカードを勧められて、なんとなく作ってみました。あまりにも頻繁に行くし、1枚くらいならいいか、と思って。

 

f:id:paris-moscou:20171211000355j:image

 

何がどうなるのか、イマイチ分からないので、ポイントをちゃんと使えるかどうかは分かりません!

 

そして、1番のお気に入りポイントはこれ!

 

f:id:paris-moscou:20171211000516j:image

 

そう、プライス確認マシーン!

この下の中央赤い部分から光が出ていて、そこにバーコードをかざすと、

画面に値段が出ます。

ロシア語がままならない私にとっては、

これが本当にこの値段なのか、分からない時がよくあるのです。

 

なので、迷ったらすかさずマシーンへ。

「ピッ!」

でも、ちょっとだけ気になるのは、

あまりにも音量が大きい事…

 

「ピッ! アクツィー!(割引ーっ!)

195ルーブルッ!」

 

という声が、店内に響き渡ります。

私は割引商品を確認する事が多いので、

 

「アクツィー!」

「アクツィー!」

 

と連呼され、ちょっと恥ずかしいです。 

 

でも、ちゃんと値段を確認できるので、これは本当に安心できる、私の味方なのです。

 

こらからも、「アクツィー!」を響き渡らせて、買い物しようと思います。

斬新な季節商品

 

モスクワの街には徐々にクリスマスツリーやイルミネーションが増えてきました。

 

日本もクリスマスに向けて、街は華やかでしょうね。

 

モスクワでは、地下鉄へ向かう地下道に、小さいお店が並んでいる駅があります。

全ての駅ではありませんが、私の最寄駅にはあります。

 

食料品、雑貨、洋服店まであります。

 

私が毎日注目している洋服店は、おばちゃんが店番をしている、全体的にお安めのおばちゃん向けのお店。

 

誰が買うのと思いきや、通勤時間帯でも、意外に洋服店にはお客さんが…。

試着とかもしてて。

需要はあるのですね。

でも、何かほのぼのします。

 

と思いきや、ここへ来て突如変化が現れました。

昨日初めて目にした時は、二度見しました。

 

まさに、クリスマス商品!

クリスマスにしか着られないでしょう、というど真ん中ストレート。

 

これです!

f:id:paris-moscou:20171206055124j:image

クリスマスガウン!

これは…、家で着るのでしょうね?

 

スタイルの良いマネキンにちょっと着崩した上に、サンタ帽と白ヒゲをつけているので、なんとも言えないバランスですね。

 

他の洋服がわりと地味なので、アイキャッチになって、季節感出てます。

 

やっぱり何かほっこり、ほのぼのします。

 

いつ売れるか、毎日チェックしたいと思います。